アトピー性皮膚炎になりやすい肌質

MENU

アトピー性皮膚炎になりやすい赤ちゃんの肌質とは?

アトピー性皮膚炎になる赤ちゃんの肌は普通の赤ちゃんと比較し乾燥肌・敏感肌です。

 

もともと赤ちゃんは肌が乾燥しやすいですが、本来であれば肌のバリア機能が働き肌の健康を守ることができます。

 

しかしアトピーの赤ちゃんは肌の保湿力が弱いためより肌が乾燥しやすく、バリア機能が低下しています。

 

するとアレルゲンや汗、擦れなどの刺激によって肌が炎症を起こしすいのです。

 

両親のどちらかがアトピーの場合アトピー素因が遺伝することがありますが、これはアトピーになりやすい肌質(乾燥肌)が遺伝するといわれています。

 

赤ちゃんの手はよく湿ってますよね。ですがアトピーの赤ちゃんを持つママはアトピーのわが子は全身がカサカサしていて、手が湿ることもなかったと話すママもいます。

 

それだけ皮膚が乾燥しやすい乾燥肌と言えます。

 

一般的に生後3ヶ月〜4ヶ月ぐらいからアトピーを発症する赤ちゃんが多いです。

赤ちゃんのアトピーを予防する方法

赤ちゃんのアトピーの発症を予防する方法で一番効果的なのが保湿です。

 

国立成育医療研究センターによると、新生児から保湿剤を塗布することで、アトピーの発症リスクを3割も減らすことができたという調査結果があります。

 

赤ちゃんといえど全身に塗るのは大変。なので、塗りやすい保湿剤を選ぶことが大切です。

 

潤静はとろみがあり全身美容液ローションなので、非常に塗りやすいのが特徴です。

 

また、「ただ上から保湿して肌の乾燥を防ぐ」のではなく、「赤ちゃんが自ら保湿力を強くしようとする働きをサポート」してくれるのが特徴です。

 

体質的に肌が乾燥しやすいのであれば、これから先自分の体質と上手に向き合いながら生きていく必要があります。

 

その中でアトピーを起こしにくい体質改善ができていければ理想的ですよね。

 

潤静はそんな親子にぴったりの全身美容液ローションです。

 

 

TOPページ:潤静を赤ちゃんに使ってみました>>