赤ちゃんに保湿剤を塗る時の効果的な塗り方

MENU

赤ちゃんの保湿剤を塗る時の方法

赤ちゃんの肌はツルツルで潤っているように見えますが、実は一生のうちで最も皮脂量が少ない時期と言われています。

 

しかし、汗は大人の倍以上かくので皮脂と汗のバランスが悪く、ほうっておくとどんどんカサカサになり肌トラブルやアトピー性皮膚炎の悪化に繋がります。

 

赤ちゃんは大人の皮膚の2分の1ほどの皮膚の厚さしかなく、刺激や肌が傷つきやすいです。

 

なので保湿をして肌のバリア機能を高めてあげることが重要です。

保湿剤を塗るタイミングは?

保湿剤を塗るベストタイミングは入浴後です。

 

刺激となる汗やホコリを食べ物のカスなどをしっかり落として肌を清潔にしたあと、ローションやクリームで保湿を毎日こまめにコツコツ行うことが赤ちゃんの肌を健やかに保つポイントです。

 

お風呂上がりは肌が潤っているように見えますが、ふやけた角質から体内の水分がどんどん蒸発し、あっという間に乾燥が進んでしまいます。

 

お風呂からでた5分以内を目安になるべく早く、ローションやクリームをたっぷり塗り肌を保護してあげましょう。

 

ちなみにお風呂上がりはバタバタととても忙しいのでバスタオルや着るお洋服を予め準備しておくといいでしょう。

 

お風呂上がり以外にも朝起きて顔を拭いた後、お出掛けの前後、オムツ替えのときなどこまめに保湿をすると肌の乾燥をより防ぐことができデリケートな肌が荒れるのを予防できます。

塗る時に注意すること

乾燥しやすい時期や赤ちゃんの肌が乾燥している場合は最低1日2回は基本にケアしてあげてください。

 

赤ちゃんに保湿をするときはママの手も保湿して爪を短く清潔な手で塗るようにしてくださいね。

 

爪を伸ばしていると赤ちゃんの皮膚を傷つけてしまうこともあるので育児中はつけも短く切ってくださいね。

 

顔全体なら1円玉半分くらいの大きさの保湿剤を目安に塗りましょう。

 

保湿剤を塗るときはママの手でやさしく丁寧に塗りましょう。

 

ママの手がガサガサしていると赤ちゃんが痛かったり、傷つけてしまうので気を付けてください。

 

忘れやすいのが手の甲や手のひらです。

 

手は乾燥しやすい部分なのでムラなく塗り、塗り残しのないように心掛けて下さい。

 

傷がある部分以外は、頭のてっぺんから足の爪先まで塗ってあげて大丈夫です。

 

赤ちゃんとスキンシップをとりながら、楽しむ気持ちで話し掛けながら行うと赤ちゃんもママもリラックスして保湿を塗る時間が楽しくなります。

 

言葉を交わせない赤ちゃんと心でつながる時間にもなるので保湿を塗る時間を大切にしてくださいね^^

 

 

TOPページ:潤静を赤ちゃんに使ってみました>>