潤静(うるしず)がアトピー肌にぴったりの理由

MENU

潤静がアトピー肌にぴったりの理由について

潤静 赤ちゃん

アトピー肌には保湿剤が手放せないですよね。

 

今様々なメーカーから保湿剤が誕生し、どれを使えばいいか迷うほどです。

 

ただ、アトピー肌の人が保湿剤や保湿美容液を使う時は何よりも配合成分に気を付けなければいけません。

 

保湿力があると人気の保湿剤を使っても、アトピーがよくならなかった、乾燥肌が改善されなかったという経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

 

それは保湿剤の選び方を間違えているから。たた単純に保湿力に優れた保湿剤を選べばいいというわけではないんです。

 

潤静はそんな中でもアトピーにおすすめできる保湿剤ですが、なぜ潤静ならおすすめできるのか、潤静がアトピー肌にぴったりの理由をご紹介します。

安心・安全な配合成分

保湿剤にはいろんな美容成分がプラスして配合されているものも多く、効果的な成分を配合すると、その状態を維持するために界面活性剤や防腐剤などの化学成分が付与されることもあります。

 

主成分には毒性がなかったとしてもそうした周りの成分が刺激になって肌荒れを起こしてしまう可能性も知らなければいけません。

 

またアトピー肌はどんな成分に反応するかがわかりません。

 

成分の濃度が高いだけで刺激になってしまうこともあります。

 

そのためアトピー肌の人が保湿剤を選ぶ時は肌に刺激となる成分が配合されていないこと、無添加であること、そして返金保証制度がついているものを選ぶのが正しい選び方です。

 

潤静はこの3点を全てクリアした保湿美容液。

 

全成分が公開されていますが、肌に刺激を与えるものは一切配合されていません。

潤静 成分表

 

また10の無添加、ヒト型セラミド、植物由来エキス98%でデリケートな肌をもつ赤ちゃんでも使用が可能です。

 

ただ、万が一のこともありますよね。潤静は万が一肌に合わなかった時は返金保証制度がついていいます。

 

赤ちゃんの肌にも使えるほど安全性が高く、無添加のハウスメーカーが徹底的にアトピー肌でも使える無添にこだわって作られた美容液なので、刺激に弱アトピー肌にも使うことができます。

乾燥肌を潤わせる

アトピー肌は皮膚の水分保持力が弱く、常に肌が乾燥しがちです。

 

そのため皮膚のバリア機能もモロく、外からの刺激に反応して肌が炎症を起こしてしまいやすいです。

 

そのためバリア機能を強めるために保湿剤を塗りますが、この時外から保湿を足すだけではなく、自分の力で潤いを持つ力を高めるのが潤静です。

 

肌に対して刺激もなく安全に保湿できる保湿剤はたくさんありますが、その中でも肌に水分保持力を持たせる保湿剤は少ないです。

 

今まで保湿剤を塗っても塗っても肌の状態が改善されなかった場合は、単純に肌の外側にバリア層を作るだけの保湿剤だったのではないでしょうか?

 

欲しいのは自分の力で乾燥肌を改善する、自ら潤おうとする力ですよね。

 

潤静は超高分子ポリグルタミン酸が一度抱え込んだ水分が蒸発しないように肌表面に膜を作、天然保湿因子を増やしてくれます。

 

この超高分子ポリグルタミン酸は使い続けるほど健やかな肌へ導いてくれる、アトピー肌にもってこいの成分なんです。

 

ステロイドを塗ることに不安がある、自ら潤うことができる力をつけてほしい。そんな人に潤静はぴったりです。