潤静はいつまで続ければいいの?

MENU

潤静はいつまで続けるべき?

アトピー肌の場合、ステロイドや保湿剤を塗って皮膚状態の改善を試みますよね。

 

痒みがあるならステロイドを使って炎症を抑えるのがアトピーの治療では鉄則です。

 

※ステロイドの使用に躊躇する方もいますが、ステロイドは正しく使えば効果的なお薬です。潤静はステロイドとの併用が可能です。痒みがある時はステロイドを先に使い、次に潤静を使うようにしてください。

 

痒みがある時はステロイド、お風呂上りの保湿はさらに潤静も足して痒みと乾燥を防ぐのが一番肌の健康を守る理想的な使い方です。

 

ではバリア機能が崩れたデリケートな肌に潤いを与えキープしてくれる潤静はどのくらいまで使い続ければいいものなのでしょうか?

 

基本的に潤静は薬ではなく全身の保湿美容液。肌状態の改善を実感するために3回の継続がお約束となっているので、最低3ヶ月使い続けるのが理想です。

 

3ヶ月あると肌の細胞が入れ替わり、肌質の違いが実感しやすくなる頃です。

 

この状態で肌の状態が良くなった!と感じられたら、肌に潤静の成分がマッチしている証拠なので、そのまま使い続けるのが理想です。

 

アトピー肌はデリケートなので、ちょっとした刺激で肌状態が崩れ、再度アトピー肌が悪化してしまう可能性があります。

 

良くなったからといってスパッとやめてしまうと、再び肌がゆらぐ可能性があるので、良い状態をキープするためにもそのまま使い続けましょう。

 

ちなみにステロイドも炎症が治まったからとすぐに使用をやめてしまうのは危険です。

 

ステロイドをできるだけ使いたくないという気持ちから見た目が綺麗になるとすぐにステロイドをやめてしまう方も多いですが、するとまたぶり返すようになります。

 

肌状態が綺麗になったとしてもアトピーの炎症は皮膚の下ではまだくすぶっています。

 

この見た目には見えない皮膚の下の炎症を抑えるためにも、数日間はステロイドを使い続けることが大切です。

 

医師にもう使わなくても大丈夫!の太鼓判が得られるまで、ステロイドは使い続けてくださいね。

 

TOPページ:潤静を赤ちゃんに使ってみたレポはこちら>>