アトピー 赤ちゃん 服

MENU

アトピー肌の赤ちゃんに選んであげたい洋服

赤ちゃんの皮膚は薄く、大人の何倍もデリケートです。

 

その中でもアトピーの赤ちゃんは肌のバリア機能が弱く少しの刺激で肌が荒れてしまいます。

 

わが子がアトピー体質だとわかったら、もしくはアトピーを予防したいと思ったら常に肌と触れ合う着せてあげる洋服にも気を使うようにしてあげましょう。

 

ベビー服などをよくみるとわかりますが、ベビー服は、特に新生児用などは大抵大人の洋服と比べて縫い目が服の内側ではなく外側に出るように作ってあります。

 

これは、縫い目が内側だと縫い目の凸凹した部分が赤ちゃんの肌にこすれ、赤ちゃんはそれだけでも肌荒れを起こしてしまうからです。

 

ですので、ものによっては縫い目が赤ちゃん用でも内側になっているものがあるので、そのようなものはなるべく避けるようにしましょう。

 

また、赤ちゃんは汗をよくかきます。したがって通気性がよく汗をよく吸い取ってくれるコットン素材がおすすめです。

 

ベビー服にオーガニックコットンといって、天然素材100%のものもあり少々値がはりますが肌の弱い赤ちゃんなどには最適です。

 

それ以外にもあまりピタッとしたものより、風通しのよい少しゆったりしたもののほうがこまめに着替えさせやすいですし、肌にこすれず蒸れませんのでアトピー予防になります。

 

また、冬場はニットなどを着せたいと思うかもしれませんが、ニットの場合、直接ニットが肌に触れないように下にコットンのシャツなどを着せるようにしましょう。

 

やわらかめのニットでも、肌が弱いと刺激になってしまいます。

 

なるべく、敏感肌の赤ちゃんにはニット類は着せないほうがおすすめです。

 

ボタンやゴムなども直接肌に当たると、赤ちゃんの場合、かぶれの原因になることがあります。

 

ついついかわいい柄、素材を使いたくなりますが赤ちゃんのうちは、装飾がたくさんついたものより、なるべくシンプルな肌ざわりの良いものにしましょう。

 

そして、汚れたらすぐに着替えさせられるように、脱いだり着たりが楽なものがよいです。

 

洗濯ものが増えるのも大変ですが、赤ちゃんはなにもしなくても汗をかくので、そのままにしてしまうのはよくありません。

 

締め付けのないゆったり素材を選んであげましょう。

 

よだれかけなども、紐の部分がこすれるとかゆいですから、紐の部分まで優しいものを意識して選んであげましょう。

 

 

TOPページ:潤静を赤ちゃんに使ってみました>>